yosa1.bmp yosa2.bmp

よさこいの問題点

よさこいの普及は尋常ではないですね。
それにともなって弊害も出ています。

どういうことか?
利益が開催都市にあまり還元されません
主に利益の恩恵はよさこいに付随する業種に限定されているのが現状。
本場の高知を例にあげると、
高知市内の繁華街で開催されるため、
・通行止めで交通渋滞が生じる
・商店(業種)によっては客が入らない
このため、よさこい期間中は売り上げが落ちる等の問題があがってます。


ほかにもあります。
観客や踊り子の演舞以外のマナーの悪さ。
公共施設・公共交通機関等の使用の際のマナー。
祭り終了後の飲酒等による騒乱、ゴミの処理など観客のマナーも
問題視されることが多いのが現状。
観客の中には会場に乱入したり、
演舞を妨げる形で写真撮影する者がいたりと問題となっています。
2006年には盗撮で逮捕者が出る出来事も。。
演舞は同時に行われるため、(聞く人のとっては)爆音とも言える
音の洪水に興味を示さない住民の中には苦痛に感じる者もいます。
(当然ですね)
特に入院者の多い医療機関等(慰安としての演舞が行われている場合を除く)付近での演舞をどうするかは緊急の課題だったりします。

この記事へのトラックバック

童貞卒業!
Excerpt: 正確にはセ◎レなんだけど。。(笑) いきなりかよ(笑)
Weblog: ついに彼女できた(泣)
Tracked: 2007-08-05 19:26

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。