yosa1.bmp yosa2.bmp

よさこい祭りとは

よさこい祭りは戦後の不況を吹き飛ばそうと高知商工会議所が発案。
1954年(昭和29年)から始まった祭り。
徳島の阿波踊りを意識して作られた

よさこい祭りの楽曲(「よさこい鳴子踊り」)を担当した武政氏が
鳴子(なるこ、作物を狙う鳥を追い払う農機具)を
手に持って鳴らすことを思いつき、
今でもよさこい祭りの重要なアイテムとなっている。

よさこい祭り開始当初は日本舞踊の振り付けを踏襲した盆踊りスタイルだった。
武政氏が楽曲の自由なアレンジを許可、
その後様々なバリエーションを生むことに。
現在では演歌、サンバ、ロック、ヒップホップ、フラメンコ、フラダンスなど
各々のチームが趣向を凝らした楽曲と振り付けを披露。
伝統を色濃く残す「正調」とともに観客を楽しませる。
衣装や化粧(概ね厚化粧)も凝っている場合が多くみられる。

このところ地方車(じかたしゃ)と呼ばれるトラックにPA機器を搭載し
踊り子がその後に連なってストリートを踊る、他に例を見ない形式をとっている。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50309830

この記事へのトラックバック

童貞卒業!
Excerpt: 正確にはセ◎レなんだけど。。(笑) いきなりかよ(笑)
Weblog: ついに彼女できた(泣)
Tracked: 2007-08-05 19:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。